いつも使っているそのシャンプーを選んだ基準は何でしたか。

日本国内には現在20社以上ものシャンプーの主要メーカーがあると言われていますが、実際に売られているシャンプーは多すぎて、数えられないくらいでしょう。

海外ブランドも加われば、膨大な数となります。

たくさんあるシャンプーの中から、本当に自分に合うシャンプーを選ぶのは難しいですよね。

 

最近話題になることの多いアンククロスシャンプーですが、有名人の愛用者も多いですよね。

雑誌でも人気のシャンプーとして挙げられていましたが、愛用者がアンククロスシャンプーを選んだのはどういう理由があるのでしょうか。

良い口コミを多数見かけるのですが、成分は安全なのか、本当に効果があるのかどうかも知りたいですよね。

 

そこで、アンククロスシャンプーは危険ではないのか、どのような特徴のあるシャンプーなのかについて調べてみました。

 

どんな成分が入っているの?

アンククロスシャンプーが髪に優しいと言われているのは、アミノ酸系シャンプーだからです。

また、髪を美しくする成分がたくさん入っているとのこと、具体的にどのような成分なのでしょうか。

全成分を確認してみましょう。

 

成分名:水、ラウロイルメチルアラニンNa、BG,オレフィン(C-14-16)、スルホン酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロアンホ酢酸Na、PEG-2、カプリリルアミン、ポリクオタニウム-10、分岐脂肪酸(C14-18)、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-61、加水分解コラーゲン、ユビキノシン、イソステアリン酸、ココイルアルギニンエチル、PCA、水添レシチン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ヘキサンジオール、BHT、EDTA-2Na、グリセリン、クエン酸、オレス-50、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン 香料

 

難しそうなカタカナが並んでよくわからないかもしれませんね。

そこで、注目してもらいたい3つの成分をまずは取り上げてみましょう。

セラミド

1つ目はセラミドです。

この成分表の中ではラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)と記載されていますが、これがセラミドです。

もともと人間の細胞の間にある保湿成分で、スポンジのような働きをしています。

 

水分や油分を抱え込むことで、肌や髪の潤いを保っています。

まさに優秀で重要な保湿成分なのですね。

 

「肌の潤い」

 

と言えばヒアルロン酸ですが、セラミドとヒアルロン酸の違いについても説明していきますね。

セラミドとは表皮の一番外側にある角質層に存在しています。

一方、ヒアルロン酸は肌の中でも深い真皮に存在しているものです。

どちらも加齢とともに減少しますが、減り方にも違いがあります。

 

実験の結果わかったことは、セラミドは徐々に少なくなっていくのに対して、ヒアルロン酸は一定の年齢で急激に変化するのだそうです。

ヒアルロン酸入りの化粧品を使っているから大丈夫だと思っても、角質層に働きかける成分ではないので、セラミドも必要になってくるのですね。

 

リビジュア

2つ目にはリビジュアです。

キューティクル補修に非常に効果のあると言われるリビジュアですが、アンククロスシャンプーの成分表ではポリクオタニウム-61と記載されているものがそれにあたります。

皮膚の親和性が高いこと、角質の中の吸湿、保湿に優れていることで、今注目の成分です。

 

セラミドの働きをサポートしてくれるのですが、多くの水分子を保持してくれます。

その能力がヒアルロン酸の6倍だというのですから、驚きですよね。

肌にバリア層を作って潤いを与え、保湿力のお陰で静電気も抑えるという、まさにいい仕事をする成分です。

 

ベリセア

3つ目がベリセアという成分です。

成分表にはジラウロイルグルタミン酸リシンNaと記載されているものがそれにあたり、ベリセアというのは化粧品の原材料名のことです。

これまで、髪の補修成分と言えば、髪の表面だけをコーティングするものでした。

また、何とか浸透できたにせよ、時間がかかるのが難点でした。

このベリセアは、吸着性と浸透性どちらも優れており、髪の内部に浸透するまでわずか一分ほどという速さです。

 

これまで数十分置いてようやく髪に浸透していたところを、普段のシャンプーの時間内で髪の内部にまで成分が浸透するのですからすごいですよね。

髪の表面だけつるつるになるのとは全く違います。

 

また、タンパク質の構成に欠かせない必須アミノ酸を補って、髪の細胞間脂質の構造を再生させる働きもあります。

その結果、髪の内側から保湿力を上げてくれるのですね。

セラミド、リビジュア、ベリセア、この3つがアンククロスシャンプーにおける目玉成分となります。

 

これらの高価は成分がたっぷり使用されているので、髪自体の保湿・吸湿が促され、傷んだ髪がよみがえるというわけなんですね。

 

いい所ばかりですが、使っていて全く問題ないの!?

ここまで見てきた結果、いい所ばかりで何の問題もなさそうですよね。

でも、他の成分にも目を向けておきましょう。

アンククロスシャンプーには頭皮に刺激を与えるような成分は含まれていないのでしょうか。

 

気を付けてもらいたい成分として、オレフィン(C-14-16)、スルホン酸Na、PEG-2が配合されています。

これが配合されている理由は、洗浄力が高いからなのですが、反面、頭皮や髪に必要な油分までごっそり落としてしまうという危険性があるのです。

もし根こそぎ落としてしまったら、肌トラブルに発展する可能性があります。

 

他に、ポリクオタニウム10という成分も要注意です。

プラスの電荷を持つカチオンであり、膜のように皮膚や髪にへばりついてしまうのですね。

そうなると洗い流しても落ちにくく、頭皮に残って刺激を与えるという危険性は否めません。

 

アンククロスシャンプーには、これらの刺激を抑制するため、ラウラミドプロピルベタイン等を配合しています。

だからと言って、刺激が全て押さえられるというわけではありません。

オレフィン(C-14-16)、スルホン酸Na、PEG-2、ポリクオタニウム10のどれもが、成分表の前の方に記載されていますよね。

すなわち、これらの配合の割合が高いということです。

もともと敏感肌の方、アレルギーを持っている方は特に注意が必要です。

 

副作用について

それでは、アンククロスシャンプーにはいわゆる副作用が起こったことはあるのでしょうか。

調べてみましたが、これまで副作用が起きたことはなく、リスクもありませんでした。

何より、アンククロスシャンプーにはシリコン強い香料が使われていないからだと思われます。

お陰で頭皮にダメージを与えることはないようです。

 

ただ、ノンシリコンにも弱点はあって、キューティクルが壊れやすくなり、ドライヤーを当てた時に、その熱に負けてしまうこともあります。

そうならないようにアンククロスシャンプーにはオーガニックを配合しており、ドライヤーの熱から髪を守ってくれています。

 

アンククロスシャンプーはどんな髪質の人におすすめなの?

では、アンククロスシャンプーはどんな人が使えばより効果を感じることが出来るのでしょうか。

それは、多量にダメージを受けた髪の方です。

特にカラーリングなどで傷んでいる人は絶大な効果を感じることが出来るかもしれません。

セルフカラーを日常的に行っている方、ブリーチを繰り返して髪色が明るい方、こまめに白髪を染めている方などはぜひ使ってみてほしいです。

 

毎日使うシャンプーだからこそ、髪の栄養を補う成分が入っているものを選んでもらいたいのです。

美容成分の含まれていないシャンプーを使用することで、髪のダメージがさらに進み、そして、一度傷むと補修が出来ずにますますダメージを受けるという悪循環に陥ってしまいます。

そして、補修が出来ないまま、ブチっと切れてしまうともう取り返しがつかないですもんね。

それを防ぐには、補修力の強いシャンプーを使って、さらにその成分をしっかり閉じ込めるトリートメントで油分を補っていきましょう。

 

まさにアンククロスシャンプー・トリートメントはうってつけだと言えます。

もし、髪につやがなくてパサつく、傷みがひどすぎてまとまらない、うねりがあるというような方は、アンククロスシャンプーがその悩みを解決してくれるでしょう。

 

まとめ

アンククロスシャンプー・トリートメントはハイダメージの髪に特におすすめしたいアイテムです。

セラミド、リビジュア、ベリセアという髪の内側から潤いを与える成分が贅沢に配合されています。

ただ、洗浄力が強いゆえに肌トラブルの原因となりうる成分も配合されていることは事実なので、敏感肌、アレルギー体質の方はパッチテストをした方がよさそうですね。

 

それでも、副作用が起きたというような報告はないので、ほとんどの方は何の問題もなく使用できると思います。

アンククロスシャンプー・トリートメントは、アミノ酸系でノンシリコンのため髪や頭皮に優しく、贅沢な美容成分がたっぷり配合されているので、髪が美しく生まれ変わります。

毎日使うシャンプー・トリートメントだからこそ、髪にも地肌にも良いものを選びたいですよね!