自宅でサロン気分が味わえるアンククロス。

口コミで大人気ですよね。

妊娠中なかなかサロンに足を運べない分、このシリーズでヘアケアしたいという方も多いのではないでしょうか。

 

でも、妊娠中には思いもよらないことが起こる可能性もあります。

ホルモンバランスが乱れ、頭皮が敏感になるということも。

これには個人差があり、かゆみや湿疹が起きたり、ふけが増えたり、脂っぽくなり臭いがひどくなったりという人もいます。

 

こんなデリケートな妊娠中に、アンククロスシャンプーを使用してもよいのでしょうか。

授乳中であっても、添加物の配合なども気になりますね。

そこで、アンククロスシャンプーを妊娠中・授乳中に使用してもよいのか調べてみました。

成分から考察していますので、参考にしてくださいね。

 

アンククロス公式サイトには使用可否の記載なし!

まずは公式サイトを確認してみました。

アンククロスシャンプーを妊娠中・授乳中に使用してもよいかどうかについては、公式サイトには言及がありませんでした。

 

あえて記載せずに自己判断なのか、もしくは医師に相談して使用すればよいのか、悩んでしまいますよね。

よって、さまざまなネット記事をもとに、妊娠中・授乳中におけるシャンプーの選び方についてまとめてみました。

心配であれば、専門医に相談してくださいね。

 

シャンプーが妊婦に与える影響とは…?

妊娠すると、これまで使えていたシャンプーで肌荒れすることがあります。

友達が大丈夫だったから自分も肌荒れしないということが言えないのが妊娠中です。

これまで問題がなかった洗浄成分が刺激になってしまって、肌荒れをしてしまうようです。

それくらい妊娠中は外部からの刺激に敏感になってしまっているのですね。

 

また、これまで好きだった香りも受け付けられなくなる可能性もあります。

気分が悪くなって、洗髪どころではないということもあるようです。

この時期のシャンプー選びは、こういう

 

「強い洗浄成分で肌荒れする」

 

「ニオイで気分が悪くなる」

 

という可能性を少しでも減らせるものを選びたいですね。

では、その選び方について詳しく見てみましょう。

 

妊婦が選ぶべき洗浄成分はどれ?

洗浄成分の代表格と言えば、界面活性剤ですよね。

洗浄力が非常に優れており、ワックスやヘアスプレーのような落ちにくい汚れに威力を発揮します。

こういう汚れを水だけで落とすのは不可能ですよね。

 

また、皮脂も頑固な汚れですが、こういった汚れを包み込んで落とすのは界面活性剤の力のなせる業です。

それでも、界面活性剤のその優秀さが災いして、頭皮に必要な皮脂までも洗い落としてしまう種類のものも存在します。

まずは、界面活性剤を3つの種類に分類してみましょう。

 

妊娠中は避けるべき!「高級アルコール系界面活性剤」

非常に洗浄力が強いのが、この高級アルコール系の界面活性剤です。

脂肪酸から作られる天然のものもあれば、石油由来のものもあります。

ラウリル硫酸Na・ラウリル硫酸アンモニウム・ラウリル硫酸TEA・ラウレス硫酸Na・ラウレス硫酸アンモニウム・ラウレス硫酸TEA・ラウリルベンゼンスルホン酸Na・オレフィン(C14-C16)スルホン酸Na

ここに挙げた成分がこの高級アルコール系に当たるのですが、一度は耳にしたことがあるというものも多いのではないでしょうか。

いずれも肌への刺激が強く、敏感肌の人は避けた方がよいと思われます。

肌トラブル及び脱毛の原因となってしまいます。

 

比較的低刺激な「アミノ酸系界面活性剤」

美容院のシャンプーなどによく使用されている界面活性剤がこのアミノ酸系です。

アミノ酸は人間の髪や頭皮に近い成分であり、洗浄力が適度で、肌への負担が少ないです。

よって、頭皮に刺激が少なく、頭皮は健やかなままです。

・ラウラミノプロピオン酸Na・ラウリミノジプロピオン酸Na・ラウロイルサルコシンTEA・ラウロイルアスパラギン酸Na・ラウロイルメチルアラニンNa・ラウロイルメチルタウリンNa・ラウロイルグルタミン酸Na・ココイルメチルアラニンTEA・ココイルメチルアラニンNa・ココイルグルタミン酸TEA・ココイルグルタミン酸Na・ココイルグリシンK・タウリンNa

これらの成分が記載されていたら、アミノ酸系シャンプーだと思ってください。

 

妊娠中も安心!刺激少なめ「両性イオン界面活性剤系」

妊娠中にはこの両性イオン界面活性剤がおすすめとなります。

これらの成分を目にしたことはありますか。

・ラウラミドプロピルベタイン・ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン・ラウリルベタイン・ラウリミノジプロピオン酸Na・ラウリルヒドロキシスルタイン・コカミドプロピルヒドロキシスルタイン・コカミドプロピルベタイン・ココアンホ酢酸Na・ココアンホプロピオン酸Na など

これらは洗浄力は弱めで、刺激が少ないです。

よって、敏感肌用や赤ちゃん用のシャンプーに用いられることが多いです。

 

ただし、スタイリング剤をたくさん使用する人にとっては物足りないと思います。

成分自体が高価なせいで、これらが配合されていると価格は高めに設定されています。

 

これまで多くの成分を見てもらいましたが、何を避ければよいかお分かりいただけましたでしょうか。

カタカナの羅列で難しく感じたかもしれません。

そこで、避けた方がよい洗浄成分を見分ける方法を伝授しますね。

 

「~硫酸」

 

「アルキル~」

 

「スルホン酸~」

 

というワードに気を付けてください。

これらは高級アルコール系界面活性剤であり、肌への刺激が強いです。

こういったものを妊娠中避けた方が無難だと思います。

お母さんにも赤ちゃんにも刺激の少ないものを選びたいですよね。

今使っているシャンプーについて、一度チェックしてみてください。

 

妊娠中・授乳中もOK!?アンククロスシャンプーの成分と特徴は?

では、全成分を記載します。

 

水、ラウロイルメチルアラニンNa、BG,オレフィン(C-14-16)、スルホン酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロアンホ酢酸Na、PEG-2、カプリリルアミン、ポリクオタニウム-10、分岐脂肪酸(C14-18)、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-61、加水分解コラーゲン、ユビキノシン、イソステアリン酸、ココイルアルギニンエチル、PCA、水添レシチン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ヘキサンジオール、BHT、EDTA-2Na、グリセリン、クエン酸、オレス-50、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン香料

 

ノンシリコンシャンプー

アンククロスシャンプーの特徴として、シリコンを使用していないというところにあります。

コーティングのためにシリコンを使用するシャンプーは多いですが、シリコンを使用することによって弊害があります。

キューティクルを剥がしてしまい、毛穴をふさぐことで、毛が痩せてしまったり、抜け毛になってしまったりということが起こるんですね。

 

アンククロスシャンプーがシリコンの代わりに何を使用しているのかと言いますと、リビジュアです。

この成分はヒアルロン酸の2倍の保湿力を持っており、今非常に注目されています。

また、補修成分としてベリセアと、コーティング力のあるセラミドも配合されており、ぜいたくな美容成分を多々配合することで、キューティクルを整えて、ツヤツヤうるうるの髪にしてくれるというわけなんですね。

 

保湿・補修成分配合

先ほども述べたリビジュアですが、これは保湿力が非常に高い成分です。

もともと人工血管の内側に使用するために開発されたもので、医療用の成分なのです。

よって皮膚への親和性がとても高く、保湿力は人体で生み出されているヒアルロン酸の2倍もあります。

 

敏感肌や乾燥肌の人も使え、髪をしっかりと保湿してくれますよ。

もう一つの補修成分であるベリセアですが、ダメージを受けた髪の内部に浸透して修復する機能を持っている成分です。

補修成分の多くは、髪の表面にのみとどまってコーティングするものがほとんどであり、髪内部に浸透する力を持っている成分であっても、非常に時間がかかってしまうものです。

 

その点ベリセアであれば、たった数分もあれば毛髪の内部に浸透することができます。

その上表面もコーティングしてくれるので、言うことないですね。

 

アミノ酸洗浄成分

肌に優しいことで知られるアミノ酸、アンククロスシャンプーはそのアミノ酸洗浄成分を使用しています。

石油系シャンプーや高級アルコール系シャンプーに比べて、アミノ酸系シャンプーの洗浄力はマイルドです。

天然由来成分なので、肌にも環境にも優しいんですよね。

洗い上がりにパシパシ感がなく、しっとり仕上がります。

 

そして、泡立ちの良さも評価が高いです。

皮脂を必要以上に洗い流すこともなく、敏感肌でも使える処方です。

アンククロスシャンプーにはそれ以外にもバラエティー豊かな美容成分が配合されています。

ダメージを受けた髪でも、補修成分がしっかりと回復させ、頭皮を健やかに保ってくれますよ。

 

添加物の使用あり

問題視されるのは添加物の使用でしょうか。

フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン香料が成分表に記載されていました。

品質保持には欠かせない成分ではありますが、敏感肌の人にとっては気になるかもしれません。

使用前にパッチテストで確認しておいた方が安心ですね。

 

まとめ

妊娠中・授乳中には肌が敏感になりやすく、刺激を感じやすくなってしまっています。

アンククロスシャンプーはアミノ酸系シャンプーなので、皮脂を必要以上に洗い流すこともなく、刺激を感じにくいです。

 

また、ノンシリコンであり、キューティクルを剥がしたり、毛穴をふさいだりというような弊害もありません。

リビジュアやベリセアを使って保湿力や補修力を高めることで、髪は中から潤い、サラサラの仕上がりになります。

 

ただ、いわゆる添加物が配合されているため、敏感肌の人には気になるところですね。

アンククロスシャンプーの公式サイトには妊娠中・授乳中に使えるかどうかは明記されていませんが、パッチテストを行ったり、専門医に相談したりして、使用するかどうか判断してくださいね。